焼酎のお湯割りを美味しく飲むには

焼酎を一番おいしく飲めるのは、やっぱりお湯割りじゃないかな、と思います。
よりおいしくお湯割りを作る時の鉄則は、お湯が先、これにつきます。
まず、お湯を注いでコップを温めましょう。
最後まで温度が下がらずにおいしくお湯割りがいただけるのです。
お湯の温度にも気をつけましょう。
熱湯だと、焼酎の味や香りが鼻についてしまうので、ポットにいれて少し冷めた70~80度くらいのお湯を使います。
そして、お湯割りを作ったら、すぐに飲まずに、少し冷ましながら馴染ませます。
この時、温められた焼酎の甘い香りを楽しむのも良いですね。
飲むときの温度が40度くらいが、芳醇な香りと旨味を楽しめる適温です。
ちょっと気を付けてお湯割りを作ると、さらに焼酎が美味しく飲めますよ。